スキニーココナッツオイルの特徴と魅力は?

スキニーココナッツオイル

スキニーココナッツオイルは、ローラちゃんが実際にハワイまで買いに行っていたというココナッツオイルなんだそうです。

 

ココナッツオイルって、結構いろいろなところで販売されていて通販でも手に入りますし、
イオンとかのショッピングモールでも手に入りますよね。

 

カルディとかでも買えるからいくらでも良いものは手に入れようと思えば買えるはずなんですけど、
ローラちゃんがスキニーココナッツオイルを選ぶ理由があるっていう事なんですよね・・・

 

なにがそんなに違うのか気になりませんか?

 

そこで、調べてみたんです。
スキニーココナッツオイルが他のココナッツオイルと何が違うのか、
どんな特徴があって、ローラちゃんが選ぶほどの魅力があるのか・・・このページでは、スキニーココナッツオイルの魅力に迫ってみようと思います♪

スキニーココナッツオイルの特徴

まずは、スキニーココナッツオイルの特徴を調べてみました。

 

そしたら、ローラちゃんがわざわざハワイまでスキニーココナッツオイルを買いに行っていた選ぶ理由がちょっと見えてきました。

 

  • 完全無農薬の天然自生ココナッツを使用
  • 通常の3倍の時間をかけてオイルを抽出
  • 使うココナッツの量が他の2倍
  • 低速・低温圧搾38℃以下コールドプレス

 

こういった特徴が見えてきました。

 

それにしても、完全無添加や無農薬のココナッツまでは、他でも似たようなものはたくさんあります。

 

でも、原料のココナッツが2倍だったり、3倍の時間をかけてしぼっていたりっていうのはスゴイですよね。

 

ココナッツオイルの『オーガニック』な部分にここまでこだわったのがスキニーココナッツオイルの特徴なんですね。

 

スキニーココナッツオイルの魅力

 

ローラちゃんがわざわざハワイまで買いに行った事もあるというくらいですから、すごいんだろうな・・・

 

と思っていたんですけど、彼女みたいに美しさを磨くために妥協したくない!と思っている方にはスキニーココナッツオイルを選ぶべき理由があったという事なんですね。

 

そしてもうひとつ、わたしが調べていた時に驚いた事があるんです。

 

スキニーココナッツオイル

 

見て下さい!この透明度!すごくありませんか?

 

ココナッツオイルを買った事があったり、調べた事がある方ならびっくりされると思うんですけど、普通はココナッツオイルを溶ける温度(25℃以上)で置くと、ものにもよりますけど、ちょっとした濁りがあったり、わずかに黄色みがかっていたりするものなんです。

 

でも、このスキニーココナッツオイルは、先ほどの写真で見て頂いた通りのものすごい透明度です。

 

まるでミネラルウォーターみたいですよね。笑

 

これは、先ほどご紹介した特徴の中でも『素材のココナッツの量が2倍』というのがありましたが、お茶などの『出がらしの濁り』が出てしまうようなレベルで絞っていないという事なんです。

 

実は、この部分ってメーカー側からすると、直接コストに関わる部分なので、出来れば抑えたいところ。

 

でも、そこを敢えてこだわりぬいて、質の良さで勝負しているところがローラちゃんがスキニーココナッツオイルを選んだ理由なんでしょうね♪

 

本当の野生(野生?)の天然もののココナッツを贅沢に使っているスキニーココナッツオイルに比べたら、他のココナッツオイルを『本当にオーガニックなの?』って疑いたくなってしまいたくなります・・・

 

でも、ココナッツオイルの製造基準というのがあるそうで、どのココナッツオイルもエキストラヴァージンって書かれているものは、一応はその基準を満たしているそうです。

 

ですが、本当にクオリティの高いココナッツオイルを選ぶなら、実際に使っているローラちゃん目線で選んでみるのも良いかも知れませんね。