ココナッツオイルプリングの効果とやり方|おすすめオイルはどれ?

ココナッツオイルプリングは、ココナッツオイルに注目されている方ならご存じではないかと思います。

 

ミランダ・カーさんやジェシカ・アルバ、パリス・ヒルトン、テイラー・スイフトなどの海外セレブも実践しているのですが、
その効果の全貌までは一般に知られる機会が少ないように思います。

 

このページでは、ココナッツオイルでうがいをする美容法のココナッツオイルプリングの効果とやり方
また、ココナッツオイルプリングを行う際により高い効果が実感できると思われるおすすめのココナッツオイルもご紹介しています。

 

ココナッツオイルは、毎朝の歯磨きと一緒に組み合わせることで、より効果が高くなります。

ココナッツオイルプリングの効果とやり方

というのも、ココナッツオイルプリングには、歯のホワイトニングや口臭予防、歯周病予防の効果があり、
これらの効果は、ココナッツオイルが持っているラウリン酸と中鎖脂肪酸の殺菌・抗菌があるからです。

 

また、これらの口内環境改善以外にも、オイルプリングにはいろいろな効果があるということが一般的に知られています。

 

まずは、ココナッツオイルプリングの効果をまとめてみましたのでご覧ください。

 

そして、それぞれの効果の根拠についても一緒に見て行きたいと思います。

ココナッツオイルプリングの効果ってこんなに?!

ココナッツオイルプリングの効果は、一覧で並べてみると『スゴイ!』と絶句してしまうほどです。

 

まず、ココナッツオイルプリングの効果は、口腔環境の改善から始まります。

  • 歯石・プラークの付着予防
  • 歯周病と口臭予防
  • 虫歯予防

これらの効果が得られることで、次のような健康のための要素も効果としてあらわれます。

  • デトックス効果(毒素排出)
  • 免疫力向上・アレルギー改善
  • 胃腸を整えて便秘改善と予防
  • 心臓病予防や血圧正常化
  • 月経前症候群の改善

このような効果が具体的に期待できるとのことです。

 

また、オイルプリングを行うことで、お口をクチュクチュと動かすので・・・

  • 表情筋を鍛えてシワ・たるみの改善と予防

ココナッツオイルプリングは、インドの健康美容法である“アーユルヴェーダ”の『オイルうがい』をルーツに持っています。

 

もともと、アーユルヴェーダは『体の中から悪いものをすべて出す』ことで健康と美容の両方を得る方法です。
お口の中には、毎朝起きた時点で数百億個の細菌・バクテリアが潜んでいると言われています。

 

それをココナッツオイルの成分のラウリン酸や中鎖脂肪酸などで洗い流してあげるのがココナッツオイルプリングの効果なんですね。

ココナッツオイルプリングのやり方

ココナッツオイルプリングのやり方は、とても簡単です。

  1. 大さじ一杯のココナッツオイルを口に含む
  2. オイル「を口の中で転がす
  3. 終わったらティッシュに包んで捨てる

ただし、このココナッツオイルプリングでやってはいけないことがあります。

 

『オイル“うがい”』と聞いて、イソジンのうがい薬のように喉の近くまで入れて『ゴロゴロ・ガラガラ』するのは間違いです。
オイルを間違って飲み込んでしまう可能性もあるためやってはいけません。

 

また、洗面台やシンクなどの排水に捨てないようにしましょう。
というのも、ココナッツオイルは25度以下で固まってしまう性質をもっているため、排水管を詰まらせてしまうからです。

 

また、“オイルを口の中で転がす”と書きましたが、
正確な言い方をすると、舌を使ってオイルを口の前の引いたり押したりしながら
オイルが泡立ってきたら歯の隙間にオイルを通したり、歯茎にオイルを押し付けたりするようにしましょう。

 

時間的には、約10分〜15分くらい行うのが理想的とされていますが、10〜15分は結構長いです。
なので、わたしの場合は約7分くらいで行っています。

 

この程度で、虫歯知らずですし口の中のネバネバがすっきり取れて朝から爽快な気分で過ごせますよ♪

ココナッツオイルプリングに使うオイルは?

ココナッツオイルに使うオイルは、上質な酸化していないココナッツオイルを使いましょう。

 

その理由は2つです。

 

まず、酸化しているオイルでは『オイル臭くて』オエっ!となってしまいます。
もう一つの理由は酸化していると、殺菌・抗菌効果が半減してしまう。

 

この2点が『酸化していない上質なココナッツオイルを使うべき理由』です。

 

そこで、おすすめのココナッツオイルがあります。

 

ナチュラルヘルシースタンダードの『エキストラヴァージンココナッツオイル』です!

 

なぜこのオイルが良いのかというと、
例えばミランダ・カーさんが使っているココウェルのココナッツオイルよりも中鎖脂肪酸の含有量が高く約90%であること
(※ココウェルのココナッツオイルは中鎖脂肪酸が65%)
そして、ココナッツオイルプリングの殺菌・抗菌効果を得るうえでもっとも大切なラウリン酸の含有量が50%を超えていること
(※ココウェル・ココナッツオイルは50.8%。対してナチュヘルは56.7%)
また、トランス脂肪酸とコレステロールが両方とも『ゼロ』となっているココナッツオイルはこれだけなんですよ。

 

この3つの理由からナチュラルヘルシースタンダードのエキストラヴァージンココナッツオイルをおすすめしています。