ココナッツオイルの注目したい効果効能

ココナッツオイルはミランダカーさんなどによって一気に話題になったのですが、テレビ番組の世界ふしぎ発見でも特集されるほど、
多くの方が注目している商品のひとつです。

 

オリーブオイルと比較しても、その効果はとても素晴らしく、その一方でココナッツオイルと言っても様々なメーカーから多くの商品が発売されているので
どの商品を購入すればいいのか、また望む効果はどれがいいのかわかりにくくもなっています。

 

このページではそんなココナッツオイルの効果を見ていきたいと思います。

 

まずはココナッツオイルの原料であるココナッツの効果を見ていきましょう。

 

ココナッツの効果

ココナッツというのは、熱帯アジアが原産でヤシ類ココヤシ属という分類にある植物です。

 

とても硬い実で外、中、内と果皮に包まれています。
割って中からあふれ出てくるココナッツジュースと言われるものは液状胚乳といわれるものです。
それ以外にもココナッツオイル、ココナッツバター、ココナッツミルク、ココナッツシュガーなどいろいろな使用用途があるんですね。

 

そんなココナッツは、脂肪が主成分なのですが、その脂肪には飽和脂肪酸が多く含まれて、その中には中鎖脂肪酸が
あり、さらにマグネシウム、カリウム、鉄分、葉酸、食物繊維などとても優秀な成分がたくさん配合されているんです。

 

マグネシウムには筋肉疲労を和らげる効果があり、腎機能回復も期待され、カリウムには体内の余分な塩分を排出する
効果があり、鉄分は貧血予防があります。

 

また中鎖脂肪酸にはコレステロールや血糖値などを下げる効果があり、血液のサラサラ効果や細胞の老化防止効果も期待されているんです。

 

ココナッツオイルの効果

先ほど説明したように、ココナッツ自体にとても豊富な健康成分が含まれていることから、ココナッツを原料とした商品には様々な注目すべき効果があるんです。
ココナッツオイルに製品化する場合、ココナッツの種子ををコールドプレス製法で精製した天然のオイルと言われています。

 

いろいろな製品の代わりに使うのが流行になっているのですが、その中でもバターやマーガリンの代わりに使うのが多くの方の使い方のようです。

 

なぜバターやマーガリンの代わりに使われているのかというと、バターやマーガリンにはトランス脂肪酸という成分が含まれています。
トランス脂肪酸は、多く摂取すると動脈硬化や心臓病、アレルギーなどの危険が増えると言われているんですね。

 

ココナッツオイルには、トランス脂肪酸が含まれておらず、さらに注目したい効果がたくさんあるというのが現在注目されている理由でもあるんです。

 

このように効果がすごく注目されているのは有効成分が豊富で、
自然界にあるココナッツというフルーツだから余計に健康にも
美容やダイエットにもいいとされているのは多くの方から見ても魅力的に映るはずです。