ココナッツオイルで糖尿病が治る?効果の仕組みを暴露

ココナッツオイルは糖尿病の予防と改善に効果的というのはご存じの方もおられると思います。

 

というのも、ココナッツオイルは血糖値を下げて血液をサラサラにしてくれる効果があることから
健康系のTV番組などに取り上げられたこともあるからです。

 

しかしながら、ココナッツオイルが糖尿病に効果的ということをご存じない方もおられると思いますので
このページでは、その効果の仕組みや糖尿病改善のためのココナッツオイルの摂り方
そして、そのおすすめのココナッツオイルをご紹介したいと思います。

ココナッツオイルの糖尿病改善・予防の仕組み

ココナッツオイルの糖尿病の改善と予防の効果の仕組みは、ココナッツオイルに含まれる成分にあります。

 

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸という成分が、糖尿病の原因である『インスリン抵抗性』を下げる働きがあるためです。

 

インスリンとは、膵臓から分泌される血糖値を適正値にコントロールするためホルモン物質です。
糖尿病になってしまう原因は、このインスリンの分泌が少なくなったり、働きが弱くなるためです。

 

そこで、インスリンの分泌を弱めてしまうインスリン抵抗性を引き下げることで、糖尿病の改善につながるという事が分かっているんですよ。

 

また、血糖値の高さが糖尿病の直接の引き金になるため、抗酸化作用があるビタミンEトコフェロールも含まれているココナッツオイルは、血液のさらさら効果で血糖値を引き下げる効果も期待出来るため、糖尿病の予防と改善の両方に効果的と言われているんですね。

ココナッツオイルの糖尿病改善・予防の摂り方

ココナッツオイルの糖尿病改善や予防のための摂り方は至ってシンプル。

 

というのも、直接ココナッツオイルを食べるなら、毎日ティースプーン1杯分のココナッツオイルを食べるだけです。

 

ココナッツオイルは、トーストに塗って焼いたり、コーヒーに入れて飲んだりと簡単な摂り方があります。

 

そのため、ついつい美味しく摂れる方法を考えてしまいがちです。

 

しかしながら、糖尿病の予防にココナッツオイルを摂るなら、それで良いのですが、
糖尿病の診断を受けている方は、糖質制限があるため、
毎日の生活で糖尿病を改善するために摂るなら『そのまま食べる』のがいちばん効果的です。

糖尿病改善におすすめのココナッツオイル

糖尿病改善におすすめのココナッツオイルは、無精製・無漂白の『エキストラヴァージンココナッツオイル』です。

 

実は、ココナッツオイルには大きく分けて3つのグレードがあります。

  • 漂白・精製ずみのココナッツオイル
  • 無漂白ながら高速圧搾のヴァージンココナッツオイル
  • 無漂白・無精製+低温圧搾のエキストラヴァージンココナッツオイル

ココナッツオイルは、この3つのグレードに分けることが出来るのですが、糖尿病の改善や血糖値を明らかに下げるためには
前述の通り中鎖脂肪酸という成分が、インスリン抵抗性を下げるカギになるので、中鎖脂肪酸の摂れる量が大切なんです。

 

そのため漂白精製や高速圧搾の機械絞りが行われている『普通のココナッツオイル』や『ヴァージンココナッツオイル』ではなく、
中鎖脂肪酸が90%以上を占める『エキストラヴァージンココナッツオイル』がおすすめなんですよ。